ベクトル型GISエンジン はやて

W3C準拠の次世代Web GIS。

W3CとはWebに関する技術開発と、その標準化を行っている団体。
W3Cに準拠していることは、Webでの標準的な閲覧が可能です。

ベクトル配信方式だから基図の再利用が可能。

ラスター画像では無くベクトルデータだから、利用できる基図は何度でも利用できます。
※著作物に対しての再利用は、許可が必要となります。

ベクトル配信方式だからレイヤー構造はそのまま利用可能。

ラスター画像には無い、ベクトルデータ配信での最大の利点であるレイヤー構造が潰れる事はありません。

国土地理院発行の数値地図がそのまま利用可能。

Adobe illustratorなどのベクトルソフトで着色しての利用が可能です。
また航空写真をトレース処理することも可能です。

サーバ分離型だから統合型GISへの展開も可能。

HAYATEは、既存GISエンジンのデータを自動的に吸い上げ、統合することも可能です。

■動作環境■
OS: Linux Kernel 2.6.x 系列のディストリビューション
CPU: Pentium 600MHz以上
メモリ; 256MBytes以上 (推奨: 512MBytes以上)
HDD: 空き容量が250MBytes以上 (推奨: 1GBytes以上)

お問い合せはこちらまで
MAIL:info@daiichi-denki.com